即日融資の審査が通らない原因 総量規制

即日融資の審査が通らない原因の一つ総量規制があります。借り入れ総額が一定以上の条件で貸金業者からの融資が受けれなくなります。ここでは要因の一つと考えられる総量規制についてご紹介いたします。 総量規制に入らないものや総量規制の例外もありますので一度ご確認下さい。

総量規制のことを理解しないまま金融会社に申込をすると審査に通過しない場合があります。



総量規制とは?

借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために2010年6月設けられた新しい規制です。貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新規の貸付けをしてはならない、という内容です。もし貸金業者が年収の3分の1を超える貸付けをした場合行政処分の対象となります。

一般の方は図を参考にして下さい

※図の黒文字の部分は、総量規制に入りません。
例えば、年収300万円の方は、図オレンジの文字の部分で100万円までしか借りることができないということになります。

総量規制に伴い、この部分も変わりました。

年収300万以上の人や、一社から50万以上借り入れしようとした場合は、「源泉徴収票」「給料明細」「所得証明書」のどれか1点の提出を求められる場合があります。

総量規制に入らない借り入れ

上記図以外にも総量規制の対象にならないものが有ります。

・高額療養費の貸付け
・有価証券担保の借入
・不動産担保の借入
・金融取引業者からの500万円を超える借入
・売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
・貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
・手形(融通手形を除く)の割引

総量規制の例外になる借り入れ

・顧客に一方的有利となる借換え
・緊急の医療費の貸付け
・社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付
・配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
・個人事業者に対する貸付け
・預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け

 

即日融資をご希望する方は、上記「総量規制」には注意して借り入れを検討してみてください。

年収の3分の1以上借り入れできるキャッシングは銀行系のカードローンです。

銀行系のキャッシングはこちら

年収の3分の1まで借り入れがないのに大手キャッシング会社に断られた方が安心してお申込みできる消費者金融の紹介です。一般の方では聞いたことのないかもしれませんが、金融業界では中堅で融資実績もあり優良な企業ばかりです。

即日キャッシングの決定版はこちら

レイク

ローンカテゴリ