カードローンは即日審査!

即日審査のカードローンが必要なのはどんな時?

カードローンのお申込みをするとき、借入れ理由として何を書けばいいのか悩む人もいるでしょう。
「使い過ぎてお金がないから」とはなかなか書けないものです。借り入れ理由次第では審査に通らないかもしれないと不安になってしまいます。
全国銀行協会は2020年3月31日、「カードローンに関する消費者意識調査」を発表しています。
その中での「カードローンの即日審査申し込み理由」で上位を占めるのはこちら

「カードローンの即日審査」申し込み理由ランキング

  1. 日常的な生活費の支出増加を補うため
  2. レジャー・趣味・娯楽を楽しむため
  3. クレジットカード支払いの補填
  4. 給与・ボーナス前の一時的な資金不足を補うため
  5. 冠婚葬祭・医療費の負担軽減

1.日常的な生活費の支出増加を補うため

大多数を占めるのは生活費です。日々の食費や、水道ガス光熱費など公共料金の支払い、インターネットや携帯電話代などの通信費がこれにあたります。
生活を維持する為の費用は【明日の生活】に直結するので、支払いの優先度が最も必然的に高くなります。
電気やガス、水道が供給されなくなればもちろん困りますし、明日の仕事への準備もできなくなります。
贅沢な食事や娯楽は我慢できるにしても、生活のためにやむを得ずカードローンを申し込みする人は多いようです。

2.レジャー・趣味・娯楽を楽しむため

次に多いのは「レジャー・趣味・娯楽を楽しむため」で、約5人に1人が「カードローンの即日審査」申し込み理由に挙げています。
レジャー費は、「生活費」のようにどの家庭でも同じようにかかる費用ではないため、お金をかける家庭と、かけない家庭の差が大きくなる費用です。

年収別のレジャー費
年収 〜439万円 〜576万円 〜720万円 〜913万円 913万円〜
宿泊費 10,475円 13,209円 22,351円 30,029円 48,889円
旅行費 23,151円 26,772円 27,999円 51,077円 88,665円
合計 33,626円 39,981円 50,350円 81,106円 137,554円

上記、総務省の発表からもわかるように、日本人の国内旅行の日帰り旅行単価は、105,602円(一人あたり)宿泊旅行4万9,234円。海外旅行の平均は、23万7,436円です。(※観光庁発表)このことからもわかるように、毎月の予算5,000円でちょっと近場に出かけ、年に一度家族3人で国内旅行をするご家庭なら、レジャー費は年間約21万円。毎月5,000円の予算と、年に一度海外旅行に行くならレジャー費は約77万円になります。
いつも頑張っているご褒美に。去年より旅先は良いところへ。そんな方も多い傾向です。旅先で「買いたいものが高かった」「もう少し贅沢したい」そんな理由も【即日融資可能なカードローン】を申し込む理由の一つと言えそうです。

3.クレジットカード支払いの補填

カード払いをしすぎたために、翌月の請求分を払いきれないときに利用する人が多いです。また、クレジットカードの請求分を払ってしまうと手持ちの現金が少なくなるようなときにも、カードローンでお借入れしてご返済にあてる人もいます。クレジットカードにキャッシング機能がついているものもありますが、【契約時にキャッシング枠を0】にしていることも珍しくなく、
一般的にカードローンのほうが限度額は大きいので幅広い使い方ができます。
カード請求書が15日に郵送され27日に支払うと仮定すると「審査は待てない」「カード支払いの延滞はしたくない」との理由から【カードローンで即日融資】を選択する方も多いと思われます。

カードローンが即日借りられるって本当?

全国銀行協会が発表した「カードローンに関する消費者意識調査」によると、
テレビCMや駅の広告などで有名人を起用した「プロミス」や「アイフル」などの認知が高まったことで、特に20代は銀行カードローンのみよりも貸金業法(消費者金融)カードローンのみの利用が多いです。
常にスマートフォンが身近にある現代だからこそカードローンに対する情報量も多くなり、「消費者金融は怖い」という誤った認識から即日融資可能な、消費者金融カードローンは、審査はもちろん借入や返済の利便性がとても良く
「うまく使って生活を豊かにする」という認識に変わりつつあります。

即日融資は大手金融業者をはじめとし、中堅金融業者も多く対応しています。銀行系のカードローンでは融資してくれる金額は変わりませんが審査に数日かかることや、「申し込みがWEB(スマホ)で完結しない」ことや「在籍確認が必須」なことから「借りるのは気が引ける」イメージに直結することも多いようです。
一方、即日融資可な消費者金融では「芸能人のCM起用」「30日間無利息キャンペーン」などプロモーション活動にも長けており、スマホアプリを通して気軽に借りて自由に返済できるイメージが浸透しています。

銀行カードローンと即日融資可能な消費者金融カードローンの違い

  消費者金融カードローン 銀行系カードローン
審査難易度 普通 厳しい
審査時間 即日(最短30分) 最短2日
土日の審査 ✖️
在籍確認の有無 書類にできる可能性あり 職場へ電話
収入証明の提出 50万円以上のみ 全契約必要
借入限度額 年収の1/3 年収の1/3~1/2
実質年率 約18.0% 約15.0%
無利息期間 あり なし

カードローン即日融資可能な大手消費者金融

テレビCMや駅の広告などで誰もが知っている大手金融企業を紹介します。
昔の「消費者金融は危ない・怖い」というイメージはなく、とてもクリーンなイメージです。
※どれも日本貸金業協会に加盟しており「法律を守って即日融資」を行っております。(イメージだけでなく、実態もクリーンです)

  1. プロミス
  2. アイフル
  3. アコム

カードローン即日融資可能な消費者金融の比較と違い

一概に大手と言っても即日融資の条件は微妙に異なります。大手消費者金融の中で利便性が良く、総合力が高いのは「プロミス」となります。(当サイト調べ)
プロミスは大手の中で最も利用しやすいです。

  1. 申込みから融資までの時間が早い
  2. 借り入れ、返済手続きが簡単
  3. WEB完結ができる
  4. 30日間無利息サービスがある

ここまではどこの消費者金融でも当てはまりますが、加えて、プロミスは下記の点で他社よりも優れています。

  1. 他社より最大金利が低い
  2. ポイント、瞬フリなどサービスが豊富
  3. 申込み条件が厳しくない(安定した収入があるなら、パートやアルバイトでも可)

プロミスの「瞬フリ」が便利過ぎる

三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関で24時間365日土日・夜間でも振込みが可能です。

  • 急な飲み会でお金が足りない
  • 休日の旅行先で思ったよりお金がかかりそう

そんな時、プロミスはどの曜日・時間帯であっても融資申請を行うことができるので、申請する時間を気にする必要がありません。
【借りたいときに借りられる】を実現できるのは、プロミスだけだと言えますね。
もっと詳しい情報を確認したい方は下記よりお進みください。

プロミス最短30分融資!

  • 来店不要
  • 最短30分融資
  • 24時間申込み

プロミス カードローンプロミス カードローン

プロミス ご融資詳細
限度額 500万円まで
実質年率 4.5%〜17.8%
審査時間 最短30分
土・日・祝日 可能
申込資格 18歳以上69歳以下
遅延損害金 20.0%(実質年率)
返済方式 残高スライド元利定額返済方式
返済期間 最長6年9ヶ月
返済回数 1〜80回
担保・保証人 不要
専業主婦 不可
お申し込みからお借入れまでアプリで完結
最短15秒事前審査(※1) 最短30分融資
原則24時間振込可能!
Webで完結!郵送物なし!
50万以下の借り入れなら本人確認書類のみ

融資までのポイント

  1. 2019年~2022年と4年連続でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得しました
  2. アプリで全て完結
  3. 申込みから融資までの時間が早い
  4. 瞬フリなどプロミス独自の便利なサービスが豊富
  5. テレビCMなどを使用したキャンペーンを実施している

※1 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

大手消費者金融でカードローンの即日審査が通らなかった時

大手カードローン消費者金融で即日審査に通らない理由

  1. 過去に支払い遅延や滞納がある(信用情報に問題が記録されている)
  2. 収入が不安定だと判断された(給与収入ではなく投資による収入など)
  3. 希望額に対して収入が低い(年収3分の1を超える貸付は法律で禁止されています)
  4. 同時に他社カードローンに複数申込みをした(カード申し込みには履歴が残ります)
  5. 他社からの借入れ件数·借入れ額が多い(総量規制によって法律で定められています)

大手は日々の申込数は数千件を超えています。もちろんそれを1件ずつ人が審査するわけではなく、システムで自動判断しています。
ですので個人の私情は考慮されず、機械のスコアリング方式でカードローンの融資を断られてしまうことも多いです。
ただ、上記のような状況はすぐに変えられるものでもありません。

それでも即日にお金が必要な場合は、大手ではなく中堅の消費者金融へ申し込み

「銀行より信用金庫の方が融通を聞いてくれる」聞いたことがあると思います。
即日融資のカードローンでもそれは同じことが当てはまります。下記には大手で断られてもカードローンの即日融資可能な企業を記載しています。

キャッシングアローご融資詳細
審査時間 最短45分
融資時間 即日融資可能
対象年齢 満24歳~66歳
ご融資金額 200万円まで
返済期間 最長10年(1~120回)
実質年率 15.00%~19.94%
返済方式 元利均等返済方式
遅延損害 年19.94%
対象地域 全国
担保・保証人 原則不要
必要書類 運転免許証又は健康保険証
最短45分で審査終了
独自審査で全国24時間受付
無担保かつスピーディー
【ご注意】無職の方・健康保険未加入の方はご契約出来ません。

融資までのポイント

  1. スピード審査で即日最短振込み
  2. 原則、「無担保・無保証・使途自由」
  3. 事前に簡単診断シュミレーション
  4. アプリで申請・WEBで完結(24時間 WEB受付中)
  5. 返済日が任意設定可能
  6. 過去に自己破産・債務整理された方も相談可能(要審査)